読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

批判精神と親友でありたい

ニュースや本の感想をつらつらと書いていくブログです。もし宜しければ、コメントをお願い致します。

『東大卒プロゲーマー』

f:id:friend_critical:20150828180350j:plain

www.amazon.co.jp  

プロゲーマーである「ときど」氏による本。

自分も格闘ゲームをプレイする身なので、わかることが多かった。読んでいて感じたことは、格ゲーマーでありながらも一般向けに書かれているためゲーム内の基本的な用語にもしっかりと説明がされており、極力使わないようにし、理解しやすくしていること。

「なぜ、東大を卒業したのにゲーマーになったのか?」という部分に大きく焦点があてられている。これは偏見だが、ゲーマーを志す人たちの大半は学歴があるわけでもなく大きな収入があるというわけではないと思う。ときど氏は、東大を卒業し、大学院にて幾つかの論文を発表し、授賞している。外交官や一流商社に勤めることもできたであろう中、ゲーマーを選んだことについては「人生一度きりだから、やりたいことをした方がいい」と述べられていた。確かにその通りだと思うものの、普通の人たちが自分のやりたいことで生計を立てていくのは難しいのではないか。勇気をもって、それを乗り越えられる人こそ、生き生きと生きていけるのかもしれない。

表紙にもあるように、「論理は結局、情熱にかなわない」のかもしれない。

 

149~150頁『就きたい職業、就職したい企業のランキング上位には、そんな魅力的な「イメージ」の職や企業が連なる。しかし、実際に自分でその仕事に取り組んで、「イメージ」どおりの姿にもっていくためには、結局のところ、情熱というものが必要不可欠なのではないだろうかと僕は思う。』

またプロの世界についてのコメントとして、これはどのゲームについてもいえそうだと思ったのが以下のもの。

33頁『前回の勝者よりも、敗者の方が有利な世界なのである。だから、格闘ゲームの世界には、無敗の絶対王者はあり得ないのだ。トップクラスをキープすることすら至難の業。キャラクターの性能差がよほど明確な場合はともかくとして、プロどうしが研究しあったら、対戦成績は伯仲するのがものの道理である。』